伝統が生きている。 五島手延うどん


五島うどん紹介
五島手延うどんの歴史
レシピ紹介

長崎五島手延うどん振興協議会
協議会概要
会員紹介

お問い合わせ

施設紹介
観光リンク集

長崎県五島手延うどん振興協議会
長崎県南松浦郡新上五島町
有川428-31
TEL.0959-42-2655
FAX.0959-42-2998

長崎県五島手延べうどん振興協議会
次へ
うどんのルーツ「五島うどん」
 日本の三大うどんのひとつ「五島うどん」は、五島の風土に育まれ、歴史と伝統に培われた自然食品です。遣唐使の時代に、五島列島に伝わったと言われる五島手延うどん。
元寇の役に捕虜となり、五島に住みついた中国人が教えたなど、数多くの伝承が残っており、起源は確かではありませんが大陸から伝わった事は、間違いないようです。

五島列島は、その昔遣唐使の寄港地で、東西文化の重要な中継点でもあったのです。
つまり、五島は中国をルーツとする麺伝来の路であり、日本の麺ロードの拠点でもあったのです。
うどんに浪漫あり 遣唐使の時代 うどんの文化は、大陸から海を渡り、日本各地へ広がりました。
   
次へ



Copyright(C) NAGASAKI-GOTO TENOBEUDONSHINKOKYOGIKAI, All rights reserved.